病児向けグッズで「元気や心の安らぎを」 神戸で展示販売

2020/10/9 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療器具を包むかわいらしいカバー、耳にかけずに着けられるマスク――。病気や障害のある子ども向けに作られたケア用品について広く知ってもらうための展示販売が9日、神戸市内で始まった。関係者は「闘病中の子どもをグッズで元気づけることの大切さを知ってほしい」と話す。

企画したのは、小児白血病になった長男の看病経験を持つ石嶋瑞穂さん(42)。石嶋さんは長男が入院中、病院からカテーテル(医療用細管)のカバー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]