独、少女像の許可取り消し 日韓間で中立必要と判断

2020/10/9 1:00
保存
共有
印刷
その他

【ベルリン、ソウル=共同】ドイツの首都ベルリン市ミッテ区は8日、区内の公有地に9月末に設置された元従軍慰安婦の被害を象徴する少女像について、設置許可を取り消したと発表した。14日までの撤去を求めている。戦時下の女性への性暴力に反対するとの観点で許可したが、旧日本軍の行為に焦点を当てていると指摘。区として、日本と韓国の間で中立性を保つべきだと判断した。

ドイツ・ベルリンの公有地に設置された元従軍慰安婦の被害を象徴する少女像(9月)=共同

設置の中心となったベルリンの韓国系市民団体は「公共の場での設置を続けたい」と述べ、ミッテ区と協議するとした。日本側は加藤勝信官房長官が像の撤去を求める考えを示していた。

ミッテ区は少女像の設置により「日本各地やベルリンで、いら立ちを引き起こした」と指摘した。フォンダッセル区長は像が二つの国家の対立に関係しているとして、ドイツでの設置に「ふさわしくない」と強調。「国家間の歴史的論争を巡り、どちらか一方に肩入れする事態は避けたい」とコメントした。

市民団体は芸術作品として設置を申請し、1年間の期限付きで許可を得ていた。ミッテ区の住宅街では9月28日、道路沿いに設置された少女像の除幕式が行われた。

韓国外務省報道官は10月8日の定例記者会見で、日本政府が像の撤去を求める立場を示したことについて「日本が自ら明らかにした責任の痛感や謝罪、反省の精神にも逆行する行動だ」と批判していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]