/

この記事は会員限定です

米航空 政府支援が漂流 3万人超削減も

[有料会員限定]

米国では米政府による航空会社向けの雇用支援が9月末に期限切れとなった。3月末に250億ドル(2兆6500億円)の支援枠を設け雇用を維持してきたが、旅客需要は当初の想定を上回って低迷。アメリカン航空とユナイテッド航空は10月1日から、2社合計で3万2千人超の従業員を無給の休暇扱いとする人員削減を開始した。

航空業界は労使ともに米議会に2021年3月まで半年間の支援延長を求めてきた。与野党の経済対策の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン