/

この記事は会員限定です

怒濤の災難、人間性への透察 映画「本気のしるし〈劇場版〉」

[有料会員限定]

「よこがお」(2019年)の深田晃司監督が、はじめて手がけたテレビ・シリーズ(正味23分×10話。メ~テレ制作)の劇場版。星里もちるの同名のまんがを原作に、三谷伸太朗と共同で脚本化した。

深田のストーリーテラーとしてのたくみさが、まず見る者をひきつける。

会社員の辻一路(かずみち)(森崎ウィン)は、美青年にして好青年で、しごともデキるから、女にもモテる。だが、自分から人を好きにはならない。だいぶ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り639文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン