/

この記事は会員限定です

自民幹事長代理「GoTo事業延長を」 衆院解散「21年総裁選後に」

[有料会員限定]

自民党の林幹雄幹事長代理は日本経済新聞のインタビューで追加経済対策の必要性を主張した。対策の重要課題に政府の観光支援事業「Go To トラベル」をあげ、2021年1月末までの期限の延長とともに追加措置を提案した。

政府・与党は新型コロナウイルスの感染防止と経済再生に向けた追加経済対策を年内にもまとめる調整に入った。

林氏はGoToで高級なホテルや旅館の利用者が増えたが中低価格帯のホテルは伸び悩んだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン