瀬戸芸3島で島民の幸福度研究 岡山大とベネッセHD

2020/10/8 20:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岡山大学とベネッセホールディングスは瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)の会場となった島々で、島民の幸福度などを検証する共同研究を始めた。現代アートによる地域活性化が生み出すものやベネッセHDの活動を経済学や経営学の視点で分析。インタビューなどにより島の医療や生活、島民の意識の変化を調べる。2022年度末まで研究を続け、地域づくりの指針づくりにつなげる。

共同研究は「持続可能な開発目標(SDGs)」研究を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]