/

ノーベル文学賞に米詩人ルイーズ・グリュック氏

(更新)

スウェーデン・アカデミーは8日、2020年のノーベル文学賞を米国の詩人、ルイーズ・グリュック氏(77)に授与すると発表した。候補と目されていた日本の村上春樹氏は受賞しなかった。同賞を女性が受賞するのは18年のオルガ・トカルチュク氏(19年発表)に続き通算16人目となる。

同アカデミーは授賞理由について「厳粛な美しさを伴った紛れもなく詩的な声は、個人の存在を普遍的なものにする」と評価した。

グリュック氏は1943年ニューヨーク生まれ。大学中退後の68年に最初の詩集を発表した。「ワイルド・アイリス」(92年、未邦訳)でピュリツァー賞、「忠実で高潔な夜」(14年、同)で全米図書賞を受賞している。

米国の現代詩に詳しい詩人の城戸朱理氏は「同じ米国のトマス・ピンチョンやポール・オースターのように有名な作家ではないので、受賞はとても意外だった。米国内でもさほど知名度は高くない。自己の内面の傷やトラウマをモチーフにした自伝的な内容の作品が多い。この生きづらい時代にあった作風とアカデミー側は評価したのだろう」と話す。

授賞式は12月10日にオンラインで開く。賞金は1000万スウェーデンクローナ(約1億2000万円)。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン