/

この記事は会員限定です

本庶氏監修の研究施設、神戸に開業へ 基金も設立

[有料会員限定]

神戸市は8日、本庶佑京都大学特別教授のノーベル生理学・医学賞受賞を記念した研究施設「次世代医療開発センター」を2021年春に開設すると発表した。様々な細胞のもととなるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いた治療や創薬などの推進拠点とし、医療関係の370社・団体が集まる「神戸医療産業都市」との相乗効果を目指す。

本庶氏は同都市推進機構の理事長を務める。新施設は研究スペースに原則仕切りを設けず、研究者同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン