[社説]「LIBOR」廃止への備えを万全に

社説
2020/10/8 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

内外の金融・通貨取引で広く活用してきた国際金利指標が2021年末で廃止となる見通しだ。金利の受け払いができなくなるような混乱の回避へ、金融機関や事業会社は備えを急ぐ必要がある。

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR=ライボー)は融資や社債、デリバティブ(金融派生商品)などの基準金利だ。「6カ月物ドルLIBORプラス0.1%」といった形で金融取引に適用する。ところが、リーマン危機後の12年に大規模な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]