/

この記事は会員限定です

[社説]「LIBOR」廃止への備えを万全に

[有料会員限定]

内外の金融・通貨取引で広く活用してきた国際金利指標が2021年末で廃止となる見通しだ。金利の受け払いができなくなるような混乱の回避へ、金融機関や事業会社は備えを急ぐ必要がある。

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR=ライボー)は融資や社債、デリバティブ(金融派生商品)などの基準金利だ。「6カ月物ドルLIBORプラス0.1%」といった形で金融取引に適用する。ところが、リーマン危機後の12年に大規模な不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン