/

宇都宮の国際自転車レース、オンラインで代替開催

宇都宮市は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった自転車ロードレース「ジャパンカップ」を、17日にインターネット上で開催する。参加選手はウェブ上に再現した同市の森林公園の周回コースを「走行」する。レース映像はユーチューブで生配信する。

オンラインレースの参加選手は、室内での走行練習に使うローラーと呼ぶ専用機材に自転車を乗せてこぐ。ネット上では選手の分身であるアバターが、コンピューターグラフィックスと実際の映像を組み合わせて作成したコースを走る仕組みだ。

レースには地元チームの宇都宮ブリッツェンなど国内外の14チームが参加を予定する。当日は自転車愛好家を対象に一般参加型のオンラインレースも開催する。機材とネット環境が整っていれば、世界中から参加可能という。

ジャパンカップはアジア最高峰の国際公認自転車レース。1992年から宇都宮市で開催しているが、20年は新型コロナの影響で初めて中止となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン