養蜂場は市役所の屋上、ハチミツが高める地域の魅力
編集委員 吉田忠則

食の進化論
吉田 忠則
編集委員
2020/10/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国の自治体が、地元の農産物で地域を盛り上げようと競い合っている。そうした中で思わぬ場所が特産品の産地になったケースがある。ところは東京都清瀬市の市役所庁舎の屋上。作っているのはハチミツだ。

市役所の屋上に上がると、木の板で作った巣箱がいくつも並んでいた。市の職員がゆっくりとフタを開けると、板にびっしりと張り付いたミツバチが現れた。

「刺されませんか」と聞くと、職員の答えは「大丈夫」。恐る恐るス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]