/

デジタル庁設置「本気で」 総務省出身の福島市長

福島市の木幡浩市長は8日の記者会見で、福島県がデジタル庁設置の候補地となっていることを巡り、「実現したら素晴らしい。ぜひ福島市にきてほしい」とする一方、「(国に)本気で取り組んでいただきたい。期待だけさせてやっぱり適さなかった、ということにしないでほしい」と話した。

市長は前職の総務省時代に省庁の地方移転の検討に関わった経験などから、「デジタル庁は各省庁の根幹になる仕組みを全部集めて調整する必要がある。ネットワークで結ばれるからといって地方でできるのかというのが率直な感想。相当腰を据えてやらないとできない」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン