/

この記事は会員限定です

土地持ち銘柄、コロナで脚光 物言う株主の攻勢に思惑

証券部 和田大蔵

[有料会員限定]

株式市場では時折、土地持ち企業が脚光を浴びる。秋口からの相場で再び株価が上昇しており、その原因を探ると新型コロナウイルス禍がもたらした環境変化に行き着く。アクティビストが土地持ち企業を狙い、非公開化の動きも出るとの観測が強まっている。

東証1部上場のタイルメーカー、ダントーホールディングスが連日の大商いとなっている。7日には約23年ぶりの高値を付け、翌8日は一時制限値幅の下限(ストップ安)まで売られる乱高下ぶりだ。

急騰の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン