/

星野リゾート、「界 由布院」22年夏開業へ

星野リゾート(長野県軽井沢町)は8日、大分県由布市で温泉旅館「界 由布院」の起工式を開き、施設概要などを発表した。客室棟や離れなどで構成し、客室数は45。12月に着工して2022年夏の開業を目指す。同社の大分県内での施設展開は「界 阿蘇」(九重町、12室)、21年夏に開業予定の「界 別府」(別府市、70室)に続いて3カ所目となる。

「界 由布院」の基本設計・意匠監修を手掛ける建築家の隈研吾氏(左)と、星野リゾートの星野佳路代表(8日、大分県由布市)

星野佳路代表は「由布院は現代の温泉地のあるべき姿を日本で最初に示した場所。個人客向けに高単価の旅館を展開する事業モデルを守ってきた地元のみなさんに恥ずかしくない内容に仕上げたい」とあいさつ。「欧米での由布院の知名度向上に貢献し、新たなインバウンド(訪日外国人)需要をつくり出せるよう努めたい」とも話した。

「界 由布院」の完成イメージ

「界 由布院」の基本設計・意匠監修を受け持つ建築家の隈研吾氏は「由布院の中でも里山らしさを強く感じられる特別な場所だ。人の生活を感じられるようなデザインにする」としている。

星野リゾートは鹿児島県霧島市でも21年1月末に「界 霧島」(49室)を開業する予定だ。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン