/

パルコ、BINO栄を11月6日開業 16店舗入居

パルコは8日、名古屋市中心部の栄地区で商業施設「BINO栄」を11月6日に開業すると発表した。地下2階、地上6階建てで、高級時計店や飲食店16店舗が入居する。栄駅の地下街と直結しており、利便性の良さを売りに集客を目指す。

物販ではスギ薬局のほか、スイスの高級時計ブランドの「IWC」や「ウブロ」が出店する。飲食では名古屋コーチンの「とりしげ」や味噌煮込みうどんの「山本屋本店」らなごやめしが中心。JTBはリゾートウエディングも手掛ける中部地方で最大規模の店舗を構える。

場所は目抜き通りの大津通と広小路通の交差地点で、パルコが日本生命保険所有のビルを約3億円で改装した。BINOは「美と健康」をコンセプトに2017年から東京・銀座、御徒町、京都の3拠点で展開している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン