インドネシア、コロナで苦境の国営企業一体化案

2020/10/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドネシア政府は新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた国営企業の再生案をまとめた。ガルーダ・インドネシア航空、格安航空会社(LCC)のシティリンクなど航空、観光関連の9社を1つの持ち株会社の傘下に置き、一体運営することが柱だ。無駄なコストを省き、割安な旅行プランの提供など連携を進める。1~6月期に赤字転落したガルーダに公的資金を注入しやすくする思惑もありそうだ。

持ち株会社構想はジョコ大統…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]