/

日立系、インド石油大手から14億円で変電設備受注

日立製作所傘下の日立ABBパワーグリッド・インドは8日、インド国営の石油・ガス企業とインド西部のラージャスターン州政府による合弁企業から変電設備を受注したと発表した。受注額は約10億インドルピー(約14億円)。同州で建設中の製油所向けに、円滑かつ効率的に電力を供給するための設備を提供する。

国営の大手石油・ガス企業ヒンドゥスタン・ペトロリアム・コーポレーションと、ラージャスターン州政府の合弁企業であるエイチピーシーエル・ラージャスターン・リファイナリィから受注した。220キロおよび60キロボルトの変電所設備として、落雷時などに電気を遮断するガス絶縁開閉装置を提供する。業界最高水準の変圧器や変電所の自動化システムなども納める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン