/

クスリのアオキHD、京都北部地盤のスーパー買収

ドラッグストアの出店競争は激しい

クスリのアオキホールディングス(HD)は8日、食品スーパーのフクヤ(京都府宮津市)を買収すると発表した。同社が京都府北部を中心に運営しているスーパーに日用品や医薬品を置く。取締役としてクスリのアオキから3人を派遣する。全国でドラッグストアの出店競争が激しくなるなか、買収によって店舗網を拡大する。

21日付で株式の約95%を取得する。取得金額は明らかにしていない。フクヤは京都府舞鶴市などで8店のスーパーを運営している。2020年7月期の売上高は58億円だった。フクヤの店舗では総菜や生鮮品などの食品を引き続き販売するとともに、医薬品なども置いて集客力を高める。

クスリのアオキHDは6月、スーパーのナルックス(石川県白山市)を買収した。店舗網を素早く拡大する狙いがある。地盤の北陸だけでなく、関西エリアでも店舗を増やして現在の33店から数年で100店体制にする計画だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン