/

シェアサイクル拠点設置 小田急電鉄、沿線の敷地活用

小田急電鉄はグループを挙げてシェアサイクルの普及支援に乗り出す。「ダイチャリ」ブランドでシェアサイクルを展開するシナネンモビリティPLUS(東京・港)と組み、沿線にダイチャリの駐輪場を設置する。まずは世田谷区内の区間で始め、好評ならエリアの拡大を検討する。

下北沢駅―成城学園前駅間の高架下や商業施設の駐車場を利用し、駐輪用の「ステーション」を10カ所、約80台分設置する。利用開始は13日の予定。駅に近いステーションを増やし、沿線住民の利便性向上や街のにぎわいづくりにつなげる。

15分70円から利用できるダイチャリはシェアサイクル大手で、都内では約400カ所のステーションを展開。世田谷区は主要な営業エリアの一つとなっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン