/

京セラや石狩市、無人配送実現へ研究会

無人配送実験の研究会(札幌市)

京セラコミュニケーションシステム(KCCS、京都市)や北海道石狩市は8日、2021年に共同で実施する予定の自動運転による無人配送実験の研究会を札幌市内で開いた。実験に協力するセコマ(札幌市)やヤマトホールディングスも参加した。

実験ではセコマの「セイコーマート新港西店」から商品を無人輸送車で届ける。21年5~9月に実施する予定で、公道での実験は国内初。京セラの担当者は「無人配送の実現へ価値のある取り組みにしたい」と話した。研究会は約1年かけて、複数回開催する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン