/

この記事は会員限定です

脱石炭で電力が奇策、バイオマス混焼や排熱利用

[有料会員限定]

非効率な石炭火力発電のフェードアウト(段階的に減らす)政策に電力大手が戦々恐々としている。日本は電源構成のうち約3割を石炭に頼り、電力5社で発電量に占める非効率石炭の割合が2割を超えるからだ。もっとも経済産業省の削減方針ではバイオマス混焼など3つの「奇策」を講じる余地もあり、電力は着々と手を打っている。

低コストの石炭火力は再生可能エネルギーと比べて発電量が安定しており、現在も日本の電源構成の32...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン