/

自民政調会長、選挙候補者3割女性に クオータ制公約へ提案

自民党の下村博文政調会長は8日、2030年に衆参両院や地方議会選挙の候補者の3割を女性にすべきだという考えを示した。TBSのCS番組収録で、議席や候補者の一定割合を女性に割り振るクオータ制の導入に言及した。

下村氏は収録後、記者団に「党内で議論しながらぜひ公約化に向けて提案したい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン