マツダ、新SUV「MX-30」発売 EVは21年1月投入

2020/10/8 16:00
保存
共有
印刷
その他

マツダは8日、新型多目的スポーツ車(SUV)「MX-30」の国内での販売を始めた。同車種は電気自動車(EV)と簡易ハイブリッド(HV)の2タイプをそろえるが日本では簡易HVから販売し、EVは2021年1月に投入する。環境負荷軽減のプレッシャーが高まるなか、各地の発電構成やインフラ整備などの状況を踏まえ、地域ごとに適した電動化技術の導入を進めていく。

「MX-30」は観音開きタイプのドアで開口部を大きくするなどデザインを大きく変えた

同日発売した「MX-30」はマツダが19年から販売を始めた新世代商品群の第3弾で、「マイルドハイブリッド」と呼ぶ簡易型HVシステムを搭載する。EVタイプは環境規制の厳しい欧州で9月から販売を始めているが、充電設備などインフラ整備の状況や価格面での求めやすさを勘案し日本ではマイルドHVから導入した。月間販売台数は1000台を目指す。

マイルドHVはモーターだけで走れるHVとは異なりエンジンが主体だが、再始動時などにモーターがエンジンの補助として機能する。静かでなめらかに運転できるほか、燃費向上も見込めるのが特徴だ。

同車種では観音開きのドアを採用するなどこれまでのSUVとはデザインを変えたほか、内装でペットボトルのリサイクル材を活用した素材を使うなど環境負荷の低減にも力を入れる。

また従来に比べてオプションのパッケージを細分化し、初めて内装や安全機能などこだわりたいところだけのオプションを選べるようにした。販売面ではネット上で細かくオプションなどを選びシミュレーションできるようにして、コロナ下で広がるオンラインでの車種検討にも対応する。

価格は242万円からと、サイズが近いSUV「CX-30」のエントリー価格と同程度で「間口を広げる価格設定」とした。また近年マツダはデザインに一貫性を持たせブランド構築を進めてきたが、一方でデザインが似通っているという指摘もあった。そこで今回は特徴的なドアに加えデザインもシンプルにするなどして一新し、新規顧客層の開拓を狙う。

日本ではマイルドHVの導入が先だが、マツダ初となる量産型EVのタイプは既に欧州では3万2600ユーロ(約410万円)からの価格で9月から販売し、10月初旬で約5200台の受注が入っているという。国内での発売は21年1月を予定しており、当初は法人向けのリース販売から始める予定だったが、顧客からの要望もあって販路の拡大を検討中だ。サービス拠点のEV整備への対応など課題はあるが、「1月には一般のお客様が手に入れられるようにしたい」(斉藤圭介国内営業本部主幹)という。

また電動化では自社開発した「MX-30」に加え、トヨタ自動車などと開発したEV基盤技術の活用が今後見込まれるほか、ロータリーエンジンを発電用に用いて航続距離を伸ばす電動車も計画中だ。20年の発売から延期となっていたが、「MX-30」や他の小型商品に搭載し「22年前半には市場投入する」(丸本明社長)方針も示した。

マツダは30年には生産する全ての車で電動化技術の搭載を目指しているが、EVにこだわるのではなく発電ミックスやインフラ整備状況など、各地域の特性にあわせ電動化技術を導入する考え。

30年時点で全体の生産の中でEVが占める割合は5%で、残りの95%はPHVなど内燃機関と電動化技術を組み合わせたものとなることを想定している。継続して内燃機関の効率化もすすめる考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]