/

この記事は会員限定です

国際競争へNTT再編 自民逓信族からの脱却

[有料会員限定]

NTTによるNTTドコモの完全子会社化は日本の通信政策の転換点となる。民営化して国際的な評価を高めた3G時代の後、国際競争の波に乗り遅れたことからの挽回を目指す。背景には次世代通信規格「5G」に向けた中長期の産業政策を政治が描けなかった側面もある。

「NTTは分散しろという政府の流れがあった。それが果たして良かったのか」。通信を所管する総務相を務めた経験がある自民党の佐藤勉総務会長はこう振り返る。

日本は5Gの商用サ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1302文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン