/

マリオ・モリーナ氏が死去 ノーベル化学賞受賞者

マリオ・モリーナ氏(ノーベル化学賞受賞者)10月7日、メキシコシティの自宅で死去、77歳。

1974年にフロンガスがオゾン層を破壊する危険性を初めて指摘。95年、ノーベル化学賞を共同受賞した。メキシコ出身で、米マサチューセッツ工科大教授を務めた。(メキシコシティ=宮本英威)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン