/

この記事は会員限定です

多文化共生は足元から 岡崎広樹氏

芝園団地自治会事務局長

[有料会員限定]

総務省が9月に「地域における多文化共生推進プラン」を改訂した。入国管理制度の改正や社会経済情勢の変化などを踏まえた国の新しい動きをまずは歓迎したい。

私の住む「芝園団地」がある埼玉県川口市芝園町は、人口4900人のうち2800人が外国人。高齢の日本人と若い外国人が住んでいる「将来の日本の縮図」と言える場所だ。日本の習慣を知らない外国人との間ではごみの分別や騒音などの生活トラブルが起きてしまう。世代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン