/

現職新人3人が届け出 富山知事選が告示

任期満了に伴う富山県知事選が8日告示され、元日本海ガス社長の新人新田八朗氏(62)、非政府組織(NGO)代表の新人川渕映子氏(71)、現職石井隆一氏(74)の無所属3人が届け出た。25日に投開票される。

5選を目指す石井氏には自民、公明、国民民主各党の県組織が推薦。一方、高橋はるみ自民党参院議員の実弟の新田氏は、自民党県連の一部議員や森雅志富山市長らが支援に回り、事実上の一騎打ちとなる。「保守王国」の富山県で自民党が割れる知事選は1969年以来。

川渕氏は共産、社民両党の県組織が支援する。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン