/

サムスン営業益58%増 7~9月、スマホ販売が急回復

サムスンは世界各地でバランス良くスマホを販売している(ウクライナのブランドショップ)=ロイター

【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子が8日発表した2020年7~9月期連結決算の速報値は、営業利益が12兆3000億ウォン(約1兆1260億円)と前年同期比58%増えた。スマートフォン販売が急回復し、スマホに搭載する半導体やディスプレーも好調だった。7四半期ぶりに営業利益10兆ウォンを回復した。

売上高は前年同期比6.5%増の66兆ウォンと、過去最高だった17年10~12月期に並ぶ水準だった。7~9月期の純利益や事業別の収益は、10月末に発表予定の決算確報値で公表する。

韓国の証券会社23社による9月末時点の7~9月期の営業利益予想の平均値は10兆2600億ウォンだった。8日発表の速報値は市場予想を約2割上回った。

4~6月期に好調だった半導体メモリーはデータセンター投資の一服感から伸び悩んだものの、代わってスマホ部門が業績回復をけん引した。韓国有進(ユージン)投資証券の試算によると、7~9月期のスマホ出荷台数は8000万台とコロナ前の水準に回復。都市封鎖でオンライン販売を強化したことでマーケティング費用を抑え、収益増につながった。

自社スマホの出荷増により、半導体やディスプレー部門も恩恵を受けた。社内でスマホから主要部品の生産までを手掛けるサムスンの垂直統合型モデルの強みが生きた。

スマホ好調の背景には他社の不振もある。世界首位を競う中国華為技術(ファーウェイ)は米国の制裁を受けて半導体調達やソフトウエアの利用が制限された。インド市場でライバル関係の中国小米(シャオミ)は中印紛争でシェアを落とした。米アップルは部品調達が難航し例年9月の新型iPhone発売を遅らせたこともサムスンの販売好調につながった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン