/

北海道寿都町長宅に放火か 火炎瓶?道警が捜査

(更新)

8日午前1時半ごろ、北海道寿都町の片岡春雄町長(71)の自宅1階寝室の窓ガラスが割れ、網戸と窓ガラスの一部に焦げた跡があるのを町長からの通報で駆け付けた寿都署員が確認した。

けが人はなかった。片岡町長が「火炎瓶を投げ込まれた」と話しており、道警は現住建造物等放火未遂容疑などで捜査している。

片岡町長は同日午後に記者会見し、原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査への応募を表明する予定。

片岡町長は取材に「嫌な出来事。文献調査に反対して起きたことなら、(やった人は)少し落ち着いてほしい」と困惑した様子で話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン