/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、アーム売却額に込めた成長シナリオ

グロービス経営大学院教授が「事業価値評価」で解説

[有料会員限定]

ソフトバンクグループが先日、半導体設計の英アームを米半導体大手エヌビディアに最大400億ドル(約4.2兆円)で売却する契約を結んだと発表し、話題になりました。この金額は果たして高値と言えるのか、グロービス経営大学院の斎藤忠久教授が「事業価値評価」の観点で解説します。

【解説ポイント】
・英アームの売却スキームは現金と株式の組み合わせ
・米エヌビディアによる買収シナジーが高まればソフトバンク側の投資は成功
ビジネススキルをもっと学びたい

【関連記事】孫氏、「水...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン