/

この記事は会員限定です

巨大テックの分割論、投資家は静観

米州総局 中山修志

[有料会員限定]

7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は前日比530ドル高と反発し、2万8303ドルで取引を終えた。6日午後に追加経済対策の協議を大統領選後まで延期するとツイートして株価下落を招いたトランプ大統領だが、同日夜には航空会社や中小企業の支援策を急ぐ意向を表明。アメリカン航空やボーイングなど航空関連が買われ、製造業や金融株も軒並み値を上げた。

6日夕に米議会下院の司法委員会がグーグルやフェイスブックなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン