/

この記事は会員限定です

レノバ、洋上風力「29円」に揺れる価値 再生エネ専業

証券部 森国司

[有料会員限定]

再生可能エネルギー発電専業で国内唯一の上場企業、レノバ。秋田県沖で大規模洋上風力発電所の開発をめざしている。株式市場では運転後の好採算が期待されてきたが、雲行きが怪しくなっている。売電単価が想定より低くなりそうなためだ。日本で前例のない新規分野なだけに、レノバの事業価値を巡る評価は揺れ動いている。

「売電価格の上限は1キロワット時あたり29円」。経済産業省が9月15日に開いた会議で示した案だ。関係者によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン