/

この記事は会員限定です

巨大ITに包囲網、「事業分離」を提案 米下院が報告書で

(更新) [有料会員限定]

フェイスブックやグーグルなど米IT(情報技術)業界の4強に対する包囲網が狭まってきた。独占行為について調べてきた米議会下院が6日に報告書をまとめ、事業の分離や反トラスト法(独占禁止法)の強化を提案した。提訴を検討している米政府への追い風になる一方、法改正までは曲折がありそうだ。

「過去1世紀にわたって鉄道や石油、電話業界、そして米マイクロソフトといった強力な独占者に直面してきたが、議会は経済や民主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1248文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン