/

この記事は会員限定です

ニッポンジーン、JNCの動物用診断薬買収 豚熱など

[有料会員限定]

診断薬メーカーのニッポンジーン(東京・千代田)はJNCから動物用診断薬事業を買収した。豚熱や牛白血病など4種類の診断薬の製造販売権を取得し、本社機能とあわせて富山市にある既存工場に設備を入れて生産を始めた。豚熱などの発生が続くなか、感染症の拡大防止などに役立つ動物用診断薬の需要は伸びると判断した。

ニッポンジーンは動物用診断薬について、販売と少量の受託生産をしてきた。事業買収で本格参入する。買収額...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン