/

この記事は会員限定です

[社説]日米豪印の枠組みを礎に地域の安定を

[有料会員限定]

日本、米国、オーストラリア、インドの外相が東京に集まり、日米が主導する「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向けてより多くの国に連携を広げる方針で一致した。菅義偉政権は安定した国際秩序を築く役割を率先して担ってほしい。

同構想は太平洋とインド洋にまたがる地域で、法の支配や民主主義に基づき地域の平和と繁栄をめざす多国間協力の枠組みだ。軍事、経済両面で急速に影響力を強める中国が念頭にある。

トラン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン