/

京都信金、コワーキングスペースを開設 支店を併設

京都信用金庫は7日、金融機能やコワーキングスペースを持つ新施設「QUESTION(クエスチョン)」を11月2日に開設すると発表した。従来の信金の業務に加え、起業家や学生、地元の企業が交流するスペースを設け、セミナーやビジネスマッチングを実施する。榊田隆之理事長は「従来のような金融機関ではなく、地域の課題を解決するエコシステムを作りたい」と意欲をにじませた。

京都信用金庫の榊田理事長(前列左から2人目)は「地域の課題を解決するエコシステムを作る」と話した(7日、京都市内)

施設は、京都市中心部の河原町通りに面する地上8階、地下1階のビル。2~4階に有料会員が利用できるコワーキングスペースを設ける。5階は高校生から大学院生までが無料で活用でき、1階には学生が運営するバーが入る予定。6階には京都信金の河原町支店が入る。

運営事業者として京都信金のほか、移住促進を手掛けるツナグム(京都市)など地元企業が参画。200社ほどの協力を募り、事業成長などの疑問に答える仕組みも設ける予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン