/

洋菓子店のマーロウ、そごう横浜店にカフェ開業

洋菓子販売のマーロウ(神奈川県横須賀市)は16日、新業態のカフェ「マーロウブラザーズコーヒー」をそごう横浜店(横浜市)で開業する。これまで菓子類は店頭販売が主で、イートイン専用店は初めてという。

マーロウは持ち帰りのない店内利用に限定したカフェを開く(イメージ)

同社はビーカーに入った硬めのプリンが人気で、神奈川県や東京都に販売店がある。「お店でも食べられたら」との要望が多く、開業を決めた。

新店舗向けにオリジナルコーヒーやソフトクリームなどの新商品も考案した。カフェは事前会計やセルフサービスで「業務を効率化しつつ商品の質を落とさない」(同社)店舗運営を目指す。売り上げ状況をみて店舗拡大を検討する。

テークアウト品を設けないことで、備品を削減し店舗スペースを効率的に使う。そごう横浜店にはすでに店頭販売の店舗があり、持ち帰り要望があっても対応できることから1号店の場に選んだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン