/

この記事は会員限定です

国産マツタケ、今年は卸値5割安 予想外の大量入荷

[有料会員限定]

品薄で高値の見通しだった国産マツタケが一転して安い。東京市場の卸値は平年の5割安となった。主産地の岩手県産の収穫が例年より多く、10月上旬の東京市場への入荷量は例年の2倍を超えた。青果卸や仲卸からは「予想外の大量入荷」と驚く声があがっている。

東京・大田の仲卸によると、大田市場の入荷量は例年なら多くても1日100キロ程度だが、「今年は400~500キロと極端に多い」。卸値は6日時点で1キロ2万50...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン