/

札幌すすきの1割弱がコロナで営業休止、観光協会まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大で客足が低迷し、6~8月の3カ月で札幌市の繁華街すすきの地区の約3800店の店舗の1割弱にあたる約300店が営業をやめていたことがわかった。すすきの観光協会(札幌市)が明らかにした。外出自粛や休業要請で夜の営業が深刻な打撃を受けた。

すすきのでは断続的に飲食店で新型コロナのクラスター(感染者集団)が発生している。同協会は独自の補助金の給付やランチ営業への移行を支援しているが、客単価の高い中高年の客足は遠のいたまま。しばらくは厳しい状況が続きそうだ。

同協会のまとめによると、5月のすすきのの飲食店では売上高が平均で前年同月比97%減っていた。この時点では売上高の平均額を家賃の平均額が上回っており、補助金がなければ店を維持することさえもできない状況となっていた。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン