シャープ、独ダイムラーにライセンス 通信特許で

2020/10/7 15:39
保存
共有
印刷
その他

シャープは独ダイムラーとライセンス契約を結んだ

シャープは独ダイムラーとライセンス契約を結んだ

シャープは7日、自社で保有する「LTE」など無線通信規格の特許について、独ダイムラーとライセンス契約を結んだと発表した。両社は特許を巡って裁判で争っており、独ミュンヘン地方裁判所がシャープの訴えを認める判決を出していた。シャープは自動車分野でも注目を集めるLTEや次世代通信規格「5G」などに欠かせない必須特許を6000件以上保有している。

シャープは通信機能付きの「コネクテッドカー」で特許侵害しているとして、ダイムラーを提訴していた。9月にシャープの訴えを認める判決が出て、自動車の販売差し止めなどが認められていた。今回のライセンス合意で訴訟は取り下げる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]