みずほが週休3~4日制 希望者、自分磨く時間に

金融最前線
金融機関
2020/10/7 10:37
保存
共有
印刷
その他

「金融ニッポン」のトップシンポジウムで講演するみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長(6日、東京都千代田区)

「金融ニッポン」のトップシンポジウムで講演するみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長(6日、東京都千代田区)

みずほフィナンシャルグループは、希望する社員が週休3日や4日で働ける制度を12月から各社で順次始める。休日を使って資格や専門知識を取得し、それぞれの業務やセカンドキャリアの充実に生かしてもらう。銀行や証券、信託銀行に勤める計4万5千人程度から希望者を募る。柔軟で多様な働き方を認める動きが大手行で広がってきた。

坂井辰史社長が6日、日本再生に向けた金融の役割を探るプロジェクト「金融ニッポン」のトップシンポジウム(主催・日本経済新聞社)で明らかにした。

増えた休日を活用し、資格学校や大学院、ビジネススクールで知識やスキルを磨くことを想定している。制度の導入に向け、従業員組合との協議を進める。

利用にあたっては土日に加え、毎週決まった曜日を休みとする。週休3日以上の制度を本格的に導入するのは3メガバンクで初めて。給与は週休3日だと従来の8割、週休4日の場合には6割まで減る。

新型コロナウイルスの流行で「満員電車に揺られながら通勤する危うさが浮き彫りになった」(坂井社長)ことから、柔軟な働き方も選びやすくする。デジタル化で生まれた店舗の余剰スペースをサテライトオフィスに転用したり、業務の繁閑に応じて働けるフレックスタイム制の対象者を広げたりする方針だ。

三井住友銀行も資格の取得や語学の習得に充てられる「キャリアデザイン休職制度」を昨年始めた。三菱UFJ銀行は在籍しながら留学や起業に挑める「チャレンジ・リーブ」と呼ぶ制度を導入。社外で多様な経験を積むことを評価する土壌をつくるねらいもある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]