予想裏切るノーベル物理学賞、存命ならホーキング氏も?
科学記者の目 編集委員 小玉祥司

ノーベル賞
小玉 祥司
コラム(テクノロジー)
編集委員
2020/10/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月6日に発表されたノーベル物理学賞のテーマは前評判が高かったブラックホールだったが、受賞者の顔ぶれは大方の予想を裏切るものだった。ブラックホールを初めて撮影した国際研究チームからは誰も選ばれず、理論の基礎を作った英国オックスフォード大学名誉教授のロジャー・ペンローズ博士と先駆的観測をした米独の2博士に贈られる。ペンローズ博士の研究は車椅子の博士として有名だったスティーブン・ホーキング博士と協…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]