/

この記事は会員限定です

フィリピン通信改革、中国頼み 安保リスクに懸念も

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳、広州=川上尚志】財閥系2社が寡占するフィリピン通信市場に第三の通信会社が参入する。地場新興のウデンナ・グループが中国国有大手の中国電信と合弁会社を設立。2021年3月の事業開始に向けて基地局整備を急ぐ。ドゥテルテ政権は米欧で広がる中国排除の動きは意に介さず。中国勢と組んで業界構造を変えようともくろむが、安全保障リスクもはらむ。

「年内に完成する基地局は2千カ所に達し、事業開始に必...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1950文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン