シンガポール、国際会議の新モデル 現地・遠隔を融合

アジアBiz
2020/10/6 19:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シンガポール=中野貴司】新型コロナウイルスの新規感染者が減少するシンガポールが、国際会議や展示会の再開に動いている。会場とネット上での参加を同時に受け入れる「ハイブリッド型」のモデルを確立し、コロナ下でも国際会議のハブとしての地位を維持したい考えだ。

「病院の現場でテクノロジーが果たす役割について、海外の意見を聞いてみましょう」。シンガポールの会場から司会者が振ると、ノルウェーのIT(情報技術…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]