/

この記事は会員限定です

埼玉県、納税率改善の背景(点照)

[有料会員限定]

住民税や固定資産税など税金の滞納者と交渉に当たる自治体職員は「徴税吏員」と呼ばれ、強い権限を持つ。例えば警察官は家宅捜索の際に令状を取る必要があるが、徴税吏員は不要だ。それでも「相手の出方が分からず、いつもドキドキしながら現場に向かう」と埼玉県個人県民税対策課の職員は言う。時には反社会勢力とも対峙しなければならない厳しい仕事だ。

2009年度から8年連続で全国最低だった埼玉県の納税率が改善している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン