関東鉄道、ソフトバンク系と契約 ビッグデータ提供

2020/10/6 19:37
保存
共有
印刷
その他

関東鉄道(茨城県土浦市)は土浦市での次世代移動サービスの実現を目指す「つちうらMaaS」の実証実験実施に向け、ソフトバンク系のAgoop(アグープ、東京・渋谷)とビッグデータの提供に関する契約を結んだ。

同実験で運行する人工知能(AI)コミュニティバスで、Agoopが提供する流動人口データを分析・検証、市民の移動需要を的確にとらえた運行ルートを設定する。つちうらMaaSは、多彩な観光資源を生かした観光客の増加と地域公共交通の充実を図るため進めている。AIコミュニティバスの運行は2021年2~3月を予定している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]