/

88歳被告側、逆転有罪主張 2人死傷事故

前橋市で2018年、自転車の高校生2人をはねて死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、一審で無罪とされた川端清勝被告(88)の控訴審初公判が6日、東京高裁であった。

検察側は一審の判断は誤りだと主張し、被告側も「事故の発生は予見できた」として異例の「有罪」を求めて結審した。判決は11月25日。

公判で弁護人は「被告は88歳で余命は長くない。罪を認めて償い、責任を取って人生を終わらせたい」と述べた。川端被告は出廷しなかった。

弁護人によると、被告は9月29日に面会した際「有罪を認める。申し訳ない」と話したという。控訴審での有罪主張について「弁護士倫理に違反するのではないか」との意見もあり、久保田寿栄・群馬弁護士会長名で、被告の意思を慎重に確認するよう求める書面が届いたとしている。

事故は18年1月9日朝に前橋市の県道で発生。川端被告の運転する乗用車が暴走し、自転車で通学途中の高校1年生、太田さくらさん(当時16)らに衝突、太田さんは死亡し、別の女子生徒も重傷を負った。

今年3月の前橋地裁判決は、薬の副作用で意識障害に陥ったと認めた上で「医師から副作用の説明を受けておらず、事故を起こす危険は予見できなかった」として、禁錮4年6月の求刑に対して無罪を言い渡した。検察側が控訴した。

この日の公判後、太田さんの両親は代理人を通じて「有罪主張に至った経緯を弁護人から聞くことができ、一定程度理解することができた。判決を待ちたい」とのコメントを出した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン