/

この記事は会員限定です

モリタHD、IoTでごみ収集車の故障予測

コロナ下で産廃・店舗ごみ減 効率磨く

[有料会員限定]

ごみ収集車メーカーが、車両の運用効率を高めるサービスの開発に乗り出している。モリタホールディングス(HD)は、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」で車両の故障を予測する実験に着手。極東開発工業は収集ルートの策定に役立つ車両データの分析・提供を始めた。新型コロナウイルス下で処理業者の収益に直結する産業廃棄物や店舗のごみが減っている。業務効率化の需要に応える。

モリタHDは兵庫県の自社工場で、収集車に搭載したセンサーを通じ、ごみを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1360文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン