/

北海道観光振興機構、新型コロナ対策で知事に要望

北海道観光振興機構の小磯修二会長らは6日、北海道庁で鈴木直道知事と会談した。小磯会長は観光事業者の声などを反映した新型コロナウイルス対策に関する要望書を提出した。小磯会長は「切れ目のない対策を進めていくことは非常に大事だ」と話した。

小磯会長(左)が鈴木知事に要望書を提出した

要望書では観光需要喚起策の継続実施や公共交通機関への支援、企業への資金面での後押しを求めた。鈴木知事は「今後とも緊密に連携しながら、取り組みを進めていきたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン